MENU

発毛方法〜髪の毛を生やす方法とは・・・・・

発毛方法とは『髪の毛を生やす』方法に他ならないですよね。

 

では「髪の毛が生える」とはどのような状態のことを言うのでしょうか?

 

髪の毛が生えるとは、『毛母細胞が細胞分裂を行っている状態』のことなんです。つまり、毛母細胞が増殖している状態のことです。毛根にある毛母細胞が細胞分裂により増殖することで、毛根から押し出されるように髪の毛が伸びるんですよ。あまり知られてはいませんが、毛根さえあれば毛穴のない場所からでも髪は生えるんですよ。

 

ということは、

 

毛母細胞の細胞分裂を活性化することが出来れば『髪の毛は生える!』ということですね。

 

では、どうやって毛母細胞を活性化するのか?

 

アメリカの公的機関であるFDAが、こんな発表をしています。

 

650nmの低出力のレーザー光を頭皮に照射することで毛母細胞が活発になり、髪の毛が生えることが認められる、と。

 

 

 

 

FDAは日本でいう厚生労働省にあたる機関なんですが、厚生労働省と大きく違う点があるんです。

 

それは、厚生労働省は、薬品などを認可する条件として「安全である」ということが大きな条件なんです。(*「副作用の心配は少ない方が良い」という考えですね。)

 

一方、

 

FDAでは、「効果がなければ意味がない」という考えなんです。
「いくら安全でも効果が小さければ意味がない」ということですね。

 

ということは、

 

「FDAが認可した」ということは効果がある!ということですね。


 

そうなんですね! 発毛させる最適な方法とは、650nmの低出力のレーザ光を頭皮に照射することなんですよ。

 

そこでオススメするのが、650nmの低出力のレーザー育毛ブラシなんです。

 

650nmの低出力レーザー育毛器ならどれがいい?

世の中に「育毛レーザーブラシ」なるものは沢山ありますが、650nmの低出力レーザーブラシというのは、あまりありません。

 

650nmの低出力レーザーの中で最も人気のある3つの商品に「ヘアレーザープレミアム」と「ヘアレーザーX5」と「デュマンスカルプ」の3種類がありますが、どの低出力レーザーが良いのでしょうか?

 

一番のお薦めはヘアレーザーX5なんです。
というのは、数ある低出力レーザーの中で最も効率良く650nmの低出力レーザーを照射することができるからです。

 

デュマンスカルプの「赤色LED」や「エレクトロポレーション」「EMS効果」など650nmレーザー以外にも良さそうな機能がついているのですが、アメリカの公的機関であるFDAが『発毛効果があると認可したのは650nmのレーザー照射』だけなんです。

 

つまり、重要するべきは650nmの低出力レーザーの効率であり、他の機能ではないんですね。ここは惑わされないようにしましょうね。

 

 

ヘアレーザーX5の特徴として

 

  • レーザーポイント数が15個で最多
  • レーザーの照射範囲が54.4cuで最多

 

このことからも、最も効率よく650nmのレーザー照射ができることが分かりますよね。

 

 

他の「デュマンスカルプ」「ヘアレーザープレミアム」とも気になりますよね?
そこで低出力レーザー育毛器を比較し、ランキング形式で紹介しています。参考にして下さいね。

 

 

▼650nmの低出力レーザーで最も発毛効果が高いのはコレ!!▼